• ホーム
  • カンジダが再発!治療薬は通販で購入してもよいの?おすすめは?

カンジダが再発!治療薬は通販で購入してもよいの?おすすめは?

診断を受ける女性

膣カンジダ症は疲労が蓄積したり、風邪をひき発熱するなど全身状態が悪化した時に再発しやすい傾向があります。熱っぽいと自覚して前後で膣周辺の違和感やかゆみなどの症状で気付くこともよくあります。再発そのものを防ぐのは難しいものの、再発に気付いた段階で出来る限り早期に治療を開始することで、症状が悪化するまえに速やかな症状の鎮静化を図ることが出来ます。しかし治療薬を日本国内で入手するには、婦人科やレディースクリニックなどの医療機関を受診しで医師の確定診断を受けて処方箋の交付を受けることが必要になります。

過去に受診したことのない初めてのカンジダ発症時には、感染症の原因が特定できない限り適切な治療薬を見出すのは困難なので、医療機関を受診することには相応の意義があると言えそうです。ところが過去に膣カンジダなどの確定診断を受けた経験を持っているなら、症状の傾向や前兆などをふまえて、同じ病気の再発と判断することはさほど難しいことではありません。仮に再発であるとするなら、わざわざ医療機関へ足を運んでも二度手間になってしまい、平日の貴重な時間を費やすことも余儀なくされるでしょう。しかも医療機関では再診料などをふくめて付随コストも支払うことになるわけです。

したがって少なくとも過去に罹患した経験を持っており、かゆみや発赤などの自覚症状やと外陰部分の湿疹やオリモノの変化などの、カンジダの再発とみられる症状が観察された段階で、通販で治療薬を購入するという選択肢は、医療機関への通院の手間をショートカット出来るだけに、大きなメリットを享受できると言えます。しかし一般的なネット通販で購入するのとは少し勝手が異なります。スイッチOTC医薬品のように普通のインターネット薬局では、カンジダに有効な治療薬を購入することは出来ないからです。通常入手するのに処方箋が必要なほどの高い効果を期待できる治療薬を入手するには、個人輸入の代行さいとを経由して通販感覚で購入する必要があるわけです。海外で販売されている治療薬も、自己責任の前提のもとで個人が使用する分には、輸入手続きを踏みさえすれば、処方箋を用意するまでもなく正式に購入することが出来るわけです。カンジダはわずかな体調の変化でも再発することがめずらしくありません。個人輸入代行を利用することで万が一、再発と思しき症状を自覚しても最速のタイミングで治療を始めることが出来ます。早期に治療を開始すれば、速やかな症状の鎮静化をはかることができ、辛く不愉快な思いをする期間を短くすることが叶います。

関連記事
カンジダ治療に使用されるジフルカンカプセルとは?使用の注意はある? 2020年05月02日

カンジダは水虫の原因菌の白癬菌などと同じく、カビのグループに分類される微生物なので、治療効果を発揮するのは抗真菌剤になります。抗真菌剤にはいくつかの系統がありますが、なかでもジフルカンは鳥アゾール系に属する治療薬で内服するタイプになります。有効成分にフルコナゾールを肺胞しており、見た目はだいだい色の...

フロリードDクリームが効かない?効果を引き出す正しい使用方法は? 2020年04月02日

カンジダ治療薬といえば日本ではエンペシドクリームがあまりにも有名ですが、フロリードDクリームという名称の抗菌薬も登場しています。フロリードDクリームはカンジダだけでなく、白癬菌による水虫体部白癬、でんぷうなどの治療に有効性を発揮します。これらの真菌類の感染による発赤や水ぶくれ・湿疹やかゆみなどの症状...

エンペシドクリームは使い始めてどれくらいで効果が出るの? 2020年03月03日

エンペシドクリームは1976年に販売が開始されていらい、40年以上の長きにわたってカンジダをはじめた白癬菌を原因とする各種の皮膚炎の治療に高い効果を発揮することが実績で裏付けされています。エンペシドクリームは欧米などではカーネステンクリームで知られていますが、同一の治療薬で有効成分にイミダゾール系の...

カンジダ治療薬のフォルカンってどんな薬?効果や副作用はある? 2020年02月12日

カンジダ治療薬フォルカンは、アゾール系とよばれる抗真菌剤の一種で、高い抗真菌作用だけでなく血液内濃度が半減するまでの時間が長く、内服薬としては比較的副作用が少ないと言う特徴を持っています。フォルカンはチツカンジダや白癬菌感染を原因とする水虫やシラクモ・タムシや体部白癬や癜風など白癬菌ファミリーが惹き...

何がきっかけで膣カンジダ症になった?膣カンジダ菌を増やすリスク要因 2020年01月07日

カンジダ菌は腸内細菌などと同じように、常在菌の一種なので感染を確実に防止するのはほぼ不可能です。乳酸菌やビフィズス菌などのように人体にとって有益な微生物ではなく、何らかのきっかけのタイミングを見計って増殖し、諸症状をもたらす日和見菌なので困った存在ですが、根絶することが出来ない以降、うまくコントロー...