• ホーム
  • 性交渉なしでも感染する!?実は経験者が多い性病「膣カンジダ」

性交渉なしでも感染する!?実は経験者が多い性病「膣カンジダ」

薬を飲む女性

人間の生活圏には無数の微生物が存在し、人体においても多数の種類の膨大な数の微生物が生息しています。微生物のなかには人体の生命活動を維持するために必要不可欠な働きをするものもあれば、まったく反対に強い病原性を発揮し、病気の原因となるものも。さらにはいずれにも属さない曖昧な性質をもった微生物も生息しています。これらの微生物のことを常在菌と呼んでいますが、日本人女性で罹患することが多いのが、膣カンジダという微生物です。

カンジダは夏場にかゆみ症状などをもたらす水虫などと同じ、白癬菌と同様にカビ(真菌)に属しています。カンジダ自体はとてもありふれた真菌で、身体の皮膚をはじめ粘膜が存在する性器や口腔内、長などの消化管など体中どこにでも生息しているのです。常在菌のなかでも人体にとっての影響に着目すれば、中間の性格をもつ微生物で免疫機能や栄養状態が良好である限り、特に症状をもたらすことはありません。ところが風邪にかかったり、糖尿病や消耗性の慢性疾患などにかかり、免疫機能が低下していたり全身状態が悪化すると、他の常在菌とのバランスを崩すほどに爆発的に増殖し、人体に対する病原性を獲得し、色々な症状に悩まされることになるわけです。なかでも炎症がおきやすいのは、膣やその周辺の外陰部。場所的に性器などに炎症が起きる感染症といえば、性病のカテゴリーで性交の経験がきっかけになって感染し発病すると考えがちです。性器に炎症が生じる感染症の多くは、性交経験が発症の端緒になるので、前提に性行為が存在すると認識するのは原則的には間違いではありません。

しかしながら膣カンジダの場合は、必ずしも性交の経験がなくても発症することが珍しくないので、単純に性病のカテゴリーで把握するのは難しいものがあります。カンジダは特に性行為を介在するまでもなく、膣をはじめとしてどこにでも生息しているので、感染のために性行為は必須の条件ではありません。生殖機能を有する成人女性の膣には、グリコーゲンなどの糖分をはじめとした栄養分や水分と体温、繁殖のための条件がすべて揃っています。健康な膣ではデーデルライン乳酸菌が優位でカンジダはなかなか増殖することが出来ないので、病原性を発揮できないレベルに維持されています。ところが免疫力の低下やホルモンバランスの影響で、デーデルライン乳酸菌の勢いが衰えると、カンジダが優位になり爆発的に増殖することで、膣やその周辺に炎症を引き起こします。たしかに膣カンジダには性交痛などの症状がでることはありますが、それは結果であって必ずしも原因とは限りません。

関連記事
風俗嬢かかりやすい性病は?風俗じゃなくてもカンジダにはなる可能性が! 2020年06月07日

性病は狭義の性行為、セックスだけが感染原因になるとは限りません。性器には水分と体温、そして微生物が増殖するための栄養分、など全ての要素が揃っています。大気などの環境では生き延びることが出来ない細菌類も性器なら過酷な生存競争にさらされることもなく、繁殖をコンスタントに継続することが可能な訳です。ところ...

カンジダ治療に使用されるジフルカンカプセルとは?使用の注意はある? 2020年05月02日

カンジダは水虫の原因菌の白癬菌などと同じく、カビのグループに分類される微生物なので、治療効果を発揮するのは抗真菌剤になります。抗真菌剤にはいくつかの系統がありますが、なかでもジフルカンは鳥アゾール系に属する治療薬で内服するタイプになります。有効成分にフルコナゾールを肺胞しており、見た目はだいだい色の...

カンジダが再発!治療薬は通販で購入してもよいの?おすすめは? 2020年01月24日

膣カンジダ症は疲労が蓄積したり、風邪をひき発熱するなど全身状態が悪化した時に再発しやすい傾向があります。熱っぽいと自覚して前後で膣周辺の違和感やかゆみなどの症状で気付くこともよくあります。再発そのものを防ぐのは難しいものの、再発に気付いた段階で出来る限り早期に治療を開始することで、症状が悪化するまえ...

フロリードDクリームが効かない?効果を引き出す正しい使用方法は? 2020年04月02日

カンジダ治療薬といえば日本ではエンペシドクリームがあまりにも有名ですが、フロリードDクリームという名称の抗菌薬も登場しています。フロリードDクリームはカンジダだけでなく、白癬菌による水虫体部白癬、でんぷうなどの治療に有効性を発揮します。これらの真菌類の感染による発赤や水ぶくれ・湿疹やかゆみなどの症状...

エンペシドクリームは使い始めてどれくらいで効果が出るの? 2020年03月03日

エンペシドクリームは1976年に販売が開始されていらい、40年以上の長きにわたってカンジダをはじめた白癬菌を原因とする各種の皮膚炎の治療に高い効果を発揮することが実績で裏付けされています。エンペシドクリームは欧米などではカーネステンクリームで知られていますが、同一の治療薬で有効成分にイミダゾール系の...