• ホーム
  • 発症&再発の原因はなに?膣カンジダの具体的な症状は?

発症&再発の原因はなに?膣カンジダの具体的な症状は?

色々な薬のケース

膣カンジダは日本人女性のなかでは頻繁に経験される感染症のひとつで、生涯にわたって5人に1人が発症を経験するといわれているほどです。女性器に発症する感染症では患者数の多い病気と言えますが、再発する傾向が高いとされています。一度抗菌剤を使用することで、症状は治癒させることはできるものの、根絶させることは難しく、再増殖して再発することも珍しくないようです。

発症の原因はいうまでもなく、カンジダ菌が膣やその周辺で異常増殖することにありますが、再発を繰り返すには膣特有の問題と全身状態が大きく関与するようです。健常な状態の膣は弱酸性を呈しています。これはデーデルライン乳酸菌という、人間にとっては有用な乳酸菌が優位になっていることで弱酸性が意地されているわけです。ところが疲労や糖尿病などで免疫機能が低下して、病原性細菌が優位になったりホルモンバランスの影響で、弱酸性のコンディションが弱アルカリ性に変化するならその影響で、カンジダが増殖しやすい条件がそろうことがあります。

そして病原性微生物を排除するための免疫機能は、体調などの影響をうけカンジダの増殖を抑制できなくなると、膣カンジダが発症する条件が揃ってしまい再発する、おいいう流れになるわけです。また一度この感染症を完治させても生涯免疫を獲得するわけでもないので、身体の別の部位で生息している限り、いつでも再発する可能性に直面しているといえます。

膣カンジダが発症したり、再発しても早期に治療薬の使用を開始すれば、速やかな回復を期待できます。治療の機会を的確に掴むには、膣カンジダの具体的な症状を事前に知識を準備しておくことが有用です。それでは主な症状にはどのようなものがあるのか。典型的な症状は膣や外陰部分の、発赤や湿疹などの炎症です。見た目に赤く張れるなどの現象が観察されるばかりでなく、痒みなども伴います。もっとも外陰部での炎症が強くなると痒みというよりも、灼熱感を覚えることもあります。痒みなどの自覚症状は個人差が大きく、なかにはさほど痒みを感じないことも。

ところで膣カンジダ特有の症状として、オリモノの状態や分泌量の変化などがあります。特有の外観としてオリモノがカッテージチーズ状に白くなったり粥状に泡立ったりすることも良くあります。オリモノの分泌量も増加し若干のにおいも伴います。そして膣カンジダを発症中は性交痛がでることもよく経験されているところです。性交渉を通じて男性も感染する可能性はありますが、ほとんどが無症状で経過するので、男性ではあまり問題になることはありません。

関連記事
カンジダ治療に使用されるジフルカンカプセルとは?使用の注意はある? 2020年05月02日

カンジダは水虫の原因菌の白癬菌などと同じく、カビのグループに分類される微生物なので、治療効果を発揮するのは抗真菌剤になります。抗真菌剤にはいくつかの系統がありますが、なかでもジフルカンは鳥アゾール系に属する治療薬で内服するタイプになります。有効成分にフルコナゾールを肺胞しており、見た目はだいだい色の...

カンジダが再発!治療薬は通販で購入してもよいの?おすすめは? 2020年01月24日

膣カンジダ症は疲労が蓄積したり、風邪をひき発熱するなど全身状態が悪化した時に再発しやすい傾向があります。熱っぽいと自覚して前後で膣周辺の違和感やかゆみなどの症状で気付くこともよくあります。再発そのものを防ぐのは難しいものの、再発に気付いた段階で出来る限り早期に治療を開始することで、症状が悪化するまえ...

フロリードDクリームが効かない?効果を引き出す正しい使用方法は? 2020年04月02日

カンジダ治療薬といえば日本ではエンペシドクリームがあまりにも有名ですが、フロリードDクリームという名称の抗菌薬も登場しています。フロリードDクリームはカンジダだけでなく、白癬菌による水虫体部白癬、でんぷうなどの治療に有効性を発揮します。これらの真菌類の感染による発赤や水ぶくれ・湿疹やかゆみなどの症状...

エンペシドクリームは使い始めてどれくらいで効果が出るの? 2020年03月03日

エンペシドクリームは1976年に販売が開始されていらい、40年以上の長きにわたってカンジダをはじめた白癬菌を原因とする各種の皮膚炎の治療に高い効果を発揮することが実績で裏付けされています。エンペシドクリームは欧米などではカーネステンクリームで知られていますが、同一の治療薬で有効成分にイミダゾール系の...

カンジダ治療薬のフォルカンってどんな薬?効果や副作用はある? 2020年02月12日

カンジダ治療薬フォルカンは、アゾール系とよばれる抗真菌剤の一種で、高い抗真菌作用だけでなく血液内濃度が半減するまでの時間が長く、内服薬としては比較的副作用が少ないと言う特徴を持っています。フォルカンはチツカンジダや白癬菌感染を原因とする水虫やシラクモ・タムシや体部白癬や癜風など白癬菌ファミリーが惹き...